読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内面が変わると外見が変わる話

2014年度

5月の同窓会で人間関係がクリーンになり、交際関係でいろいろあり、アイデンティティの確立が成されていく音がしている。そのおかげもあって、自分の内面的ではないところの革新も進んでいる。

小物

物を長く大事に使う主義はないけれど、特に変えるタイミングもないし、と思っていた財布とパスケースを変えた。
f:id:tanaka_tnk:20150121122223j:plain
画像にも書いたけれど、財布は7年間、パスケースとは約9年間の付き合いだった。

マリクワの2つ折り財布は、小銭を入れる部分のボタンの力が弱ってかなり危なくなったし、デザインにようやく飽きたから変えた。長財布の使い方は1週間くらいして習得した。小銭入れ部分が2つに分かれていてどう分けようかと1日目に考えて、100円類ゾーンとそれ以外ゾーンに分けた。

パスケースは、特に人に見られることもないからと思っていたけど、最近服装に気をつけ始めたから気になり始めた。ビニル製がダサすぎるなーと思ったのと、ドットが消え始めたのと、ジジのパスケースに一目惚れしたから変えた。

髪型

保育園:ツインテール(セミロング)
小学校:多分ずっとセミロング
中学校:セミロング→ロング
高校:ロング→ボブ→セミロング
浪人:ロング→ロング毛先パーマ
大学:ロング→茶髪ロング→茶髪ボブ→黒染めロング
といった髪型変遷。
f:id:tanaka_tnk:20150121123236j:plain

9月まで黒染めしたけど茶色になったロングヘアで、痛みがすごかったのと黒染め茶色と地毛黒の切り替わりがハッキリ見えてきたのが気になって、どうしようかと悩んだ末、バッサリと切った。ショートボブっぽくした。

12月に、9月よりも数センチ短めのショートボブにした。でもすぐに伸びてしまって、1月にはもう画像の左下くらいまで伸びた。あと、前髪は9月から伸ばしていて、口が隠れそうなほどまでに伸びていた。眼鏡をかけると前髪が左レンズに若干覆いかぶさって邪魔だった。

飽き性の私はボブに飽きた。長い前髪も鬱陶しい。ということで昨日、生きてきた中で一番短い髪型にしてきた。マッシュショートといったところ。イケメンになりたい。

服装

画像はないのだけれど、今までチープで無難な服装をしてきた。服にお金かけるくらいなら食費に費やすわ!と。髪の毛が長いと、女性的な服も男性的な服イケるから、どっちを買おか迷った末どちらも適当に買っていたから、統一性がなかったし、ブレブレになった。
髪の毛を短くしてからは、カジュアルかクールかのどちらかで、どっちみち男性寄りの服が髪型には合うと思い、そういう服をメインに買った。安っぽさを醸し出したくないから、学生からしたらちょっと高めのお店で買うようになった。紺色のロングコートがお気に入り。髪型画像左下のモッズコート、これも良い。コートを年に2着買うのは初めてだ。
ということで、服にお金をそこそこかけて、統一性もでてきた。

なぜここまで変わったのか

今まで、 "無難" を突き進んできたように思う。女性なら短すぎない髪型が良いのだ、かわいいと思われるような服がよいのだ、という考えのもと「ロング」がつく髪型を維持していたし、かわいい服も買った。外見に自信がないから、無難にしていればいいのだと考えていた。もし無難ではない髪型・服装にして、誰かに何かを言われたらと思うと変えられなかったのだ。
しかし、2014年度は自分に自信がつくことが多く起こった。そこで、他人になにを言われようが自分がしたいことをすればいいし、自分がしっくりするようにすればいいじゃないかと考えられるようになった。

髪をバッサリ切った時の周囲からの反応を見て、女性を意識するのではなく自分を意識して似合う髪型にすれば良いのだと気づいた。周囲からの反応もあったが、第一に自分で鏡を見て、短いほうがしっくりくるなと感じた。

それから、服装も周囲に好まれそうなものではなく、自分らしいものを見つけられるようになって、今までからは考えられないほどお金を使った。友人に何度も「田中ってほんと最近おしゃれになったね」と言われたから、やはり変わったんだろうなと思う。脱・全身ユニクロ(今でもユニクロにはお世話になっているけど、全身はない)。

外見は他者の印象形成に非常に重要になってくる要素だ。そこを良い方向に変えられないということは、他者に抱かれる印象に怯えているからだと考える。自分に自信がついたら、自分は自分だからこの自分を見てくれ、といった風に外見を自分らしく変えられるのだろうと。

長年繋がれていた鎖がようやく切れたような解放感がある。充実感もものすごくある。