読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実に生きている

最近すごく現実に生きている感じがする。
それはそうなのだけれど、現実で人に接する時の感情とかインターネットを利用してるときの感情からそう思った。理由はインターネットの人とあまり会ってないからなんだろうなーと。
以前は暇があったらフラッとインターネットで知り合った人と会っていたけれど、最近はバイトと、リア友とモンハンをやる日々、あまり暇も生まれない日々を送っている。(暇はあるけれど誰かと会わなきゃ潰せない程の暇は全く生まれない。)

最近バイト先の人との関係が急速に深まってきた。
今年度初めの新年会では猫かぶりまくっていた。今年中盤の夏期講習のプチおつかれ会であることをしたら気に入られて、夏期講習の長時間労働のおかげもあって仲が深まった。先日は勤務後でもなんでもなくプチ飲み会が開催された。忘年会では同僚と無限乾杯をした。そのくらい(?)深まった。

そのバイト先の人とTwitterで繋がっているのだけれど、会っている最中のふとした瞬間に「あぁこの人Twitterで〜〜って発言してたなぁ」ということを考えると違和感しか生じない。見てはいけないものを見ているんじゃないかという気にさえなってくる。その人たちとLINEするときはよくわからないドキドキも感じる。

だから、最近リアルの人と繋がっているアカウントばかりが気になってしまう。インターネットだけでのアカウントにあまりpostしないのはそういう理由がある、のだと思う。


とりあえず、最近とても楽しい日々を送っている。沈みかけたのもほんの一瞬だった。バイト先の人に感謝しかないが。
年末だけれど、予定はまだまだあるから、あと半月くらいの2014年も楽しむぞい。