読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すっごい雑な記事

RailsGirls に参加してから、「インターネットを介する」ということについてよく考える。
ブログを書く、だとか、LINEで連絡を取る、だとか、そういうこと。
たまにテキストエディタにメモとして日記を書き留めたりもするけど、データをPCに託してることにはなる。

一度インターネットやらPCにデータを託す、というのがどうにもひっかかる。
情報が自立していないような、なんとも言い難いのだけれど。
だから、手帳に予定を書き込んだり、日記を書いたりするのが好きなのか、と納得 "は" した。

インターネットの力を使って連絡を取ることはとても便利。便利だけど、何かが足りない。
やはり、顔を見て、視線を追い、声で鼓膜を震わせる/震わされるのは良いなーと思った。
表情から話題も生まれるし、視線の先を話題にできる、コミュニケーションに利用できるものがたくさんある。コミュニケーションにおいて介するものは空気くらい。

インターネットにおけるコミュニケーションも、インターネットやSNSが普及している社会だから、面白いこともある。でも、それは現実でもできたりする。そこらへんまだあんまり考えられてない。


書きたいことがあまり定まってないけど、Twitterではふぁぼられるのが嬉しくて、現実では視線が合うのが嬉しいんです。それだけです。おわり。