結婚指輪を購入して、結婚が見えた。

このブログ、毎月100以上は閲覧されるのだけど、よく見られているのが2011年の大学入試の記事とティラミスの記事。
あれから7年経過し、社会人2年目です。こんにちは。

今年で齢25になる私なのですが、今年の2/17の寝起き、入籍する日をだいたい決めました。
...
7月に誕生日と3年半記念を迎えるから、その日に美味しいご飯を食べながら正式に婚約かな、というとこまで話した。
口頭での婚約はこの日に済んでいたのかもしれないけど、「彼が私の婚約者」という実感は一切湧いてこなかった。

婚約といえば婚約指輪だけど、私は必要性を感じていない。
理由は、①高い ②私だけしかつけない ③服装的に派手な指輪が似合わない、の2点。
家族への挨拶やら顔合わせやら引越しやらがあるから、必要最低限のものだけ揃えていきたいし、それなら今後必要な結婚指輪を婚約指輪の代わりにしようという話になり、結婚指輪のみ購入を決定。
ネットを軽く見てみても、最近は婚約時に婚約指輪買わないケースもあるみたいだし、そもそも結婚の形も様々だから決まりもないし、我々はそうやっていく。
その方向性を決めた時期は、2月下旬だった気がする。

ちなみに、ここまで書いてわかるように、
我々は結婚に対してはあまり夢を抱いていない。
かなり計画的に予定を決めてる。サプライズもないし、不要。
結婚するきっかけも、非常に打算的。
よく、プロポーズしてもらって泣く方がいるみたいだけど、そこまでか?と思っている。
7月のあの日に私は「はい」と答え、指輪をつけて、美味しいご飯を食べるのだろうな。

続きを読む

学生終了およそ1時間前

「彼らが本気で編むときは、」
タイトルもはっきり覚えてないまま、大学の授業でしばらく考えていたジェンダーについての映画だという情報だけを頼りに、映画館へ。

おもしろかった。
他のLGBT有識者からしてみれば、リアリティが足りないだとか、矛盾点が存在するとか、いろいろ思うところがあるようだけど、まず私はジェンダーについて学んだ時に「もっと認知度が上がってほしい」と思った。
友人がLGBTで悩んでいたときに、私には何も出来ないのに、私にこれからの社会が良い方向に進むように懇願された。切実すぎて、でも何もできなくて、どうしようもない気持ちになったのを鮮明に覚えてる。
映画の題材になったことはあるようだけど、主演が生田斗真という話題性で観る人もいただろう。
そういう層にだけでも、トランスジェンダーについて知ってもらえたら嬉しいことじゃん、という気持ちになった。
とにかく、そういう性のあり方が存在していて、例えばこんな悩みがあって、でも周りがめちゃくちゃ助けるんじゃなくて、大切なのは理解だから、知っていてくれ、頼む、という気持ち。

昨日は、大学生ならではの「平日料金」を味わうためにワンカラで3時間歌って、今日は、大学生ならではの「大学生料金」を味わうために映画館で映画を観てきた。
馬鹿みたいな理由で行った映画だったけど、心理学科生の最後の日にふさわしい映画を観れたのかなと思った。
LGBTだけじゃなくて、愛とか家族とかそういうものも描かれていて、本当に心穏やかになった。
なにか円盤が発売されたら必ず買う。


今日で学生ブランドがなくなるし、かといってOLになるのかと聞かれても、総合職だからOLって感じでもない。
なので、これからはネットでちやほやされずに、真っ当にリアルで生きていきます〜。
これから何かあったらFacebookに書きます〜結婚とか引越しとかそういう類のことです。

インターネットに入り浸って、中1から数えると、11年間ほど、たくさんの出会いをありがとうございました!
インターネットからリアルの関係に移行した人、これからもよろしくお願いします〜!
気が向いたらまた更新するかもしれないけど、多分しませんね。こことtnk_7。ヲチもしませんね……。
まあ、お元気で〜。


学生生活、楽しかった〜〜〜〜〜〜ありがとう〜〜〜〜〜〜

学生終了およそ3日前

BiSHのオーケストラとプロミスザスターが最高すぎて激エモだから何か書く。


BiSH / オーケストラ[OFFICIAL VIDEO]


BiSH / プロミスザスター[OFFICIAL VIDEO]

BiSHはアイナ・ジ・エンドさんのハスキーボイス、魂入れ込んだ歌い方が最高すぎる。セントチヒロ・チッチさんも歌がうまくて、アイナさんとシンメになる感じが最高。アユニ・Dさんは見た目がかわいいアイドルでカッコイイBiSHのアクセントになって最高だし、ハシヤスメ・アツコさんは秘書感がすごくて(特にオーケストラの衣装)お姉さんにしたさが最高だし、リンリンさんは可愛いけど儚い歌声が最高だし、モモコグミカンパニーさんの最高さはまだ探っているし、BiSHが一夜にして好きになってしまった。圧倒的ジエンダー。口がかわいいの、アイナ様。


学生、小学校から数えると6+3+3+1+4=17年間(浪人含む)やっていたようで、もちろん人生の半分以上が学生だった。
学生が人生において半分以下になり始めるのは、30代前半かな。
学生時代って誰かが必ず助けてくれるぬるま湯に浸かりながら、楽しいことだけ選んでやれていたし、17年間も続いていたからずっと続くもんだと思って過ごしていたなぁと。
小学校6年間が終わったら中学校、その次は高校、その次は大学と、進む先もずっと学校だったから、これから自分が学校ではないところに進むことが信じられない。
色んな人に、働くのが怖い、と言っているけれどあまり理解してもらえない。
既に働いている友人たちが辛そうだからとか、大変そうだからという理由ではない。
これから進む先が見えなさすぎて、確実に考えられる未来(死)しか見えないというしょうもない理由……。
きっと、結婚や出産や旅行や、楽しいことはたくさんあるとは思う。
でも、ずっとこないと思っていたものに着実に近づいているのだと思うとどうしようもなく怖くなる。
小学校時代に、死というものが怖すぎて、なかなか一人で眠れなかったこともあり、大学1年の不安定な時期も毎晩怖がってた。

死が怖いのは、今が幸せでそれを失いたくないからなのか、まだ人生に満足ができていないからなのか、わからない。
どちらも、なのかもしれない。
今はすごく楽しい、幸せだ。入社に対してもそこまで後ろ向きではない。
これからそこそこに生きていけば、満足のいく人生を送れて、怖さが和らぐのだろうか。
苗字が変わって、子どもができて、子どもが成長して、一人前になった姿を見れたら、恐怖は減るのだろうか。

自分で文字にして怖がってる馬鹿だ……寝る……。